フルノFCV295  VS ホンデックスHE-7301U トップへ   

調査日:2013年3月10日晴れ 1mから1.5mの緩やかなウネリあり 
フルノFCV295 デジタル魚探
振動子 2kw
船底スルー取付
右画面:普通
左画面;拡大

イケス内に取付
 ホンデックスHE7301U アナログ魚探
振動子3KW
船底スルー取付
40−75KHZ
発信は75KHZ
右画面:普通
左画面;拡大
比較用に周波数帯もできるだけ近づけるために66-109KHZ迄可変可能なフルノの方をホンデックスの75KHZに近づけます   
20ノット走行で
フルノは水深表示
 
フルノは33mまで表示
しました
但し微妙に振動子の
取り付けに違い有
(角度)
 
 
深場へ行くと・・・・
フルノにホンデックスの3KW
のノイズが・・・
フルノの周波数を70KHZ
まで下げて再調査
 
水深170m付近  
水深165m付近
海底に変化あり
 
水深63m
定置網の土俵あり
 
水深73m付近
海底に5mの起伏あり
 
ようやく魚映発見
アジの群れ
 
水深120m付近の魚映  
水深150m付近の魚映  
後記:かたやデジタル魚探 かたやアナログ魚探でラブラドールと柴犬を比べる様なものですが・・・

結果は水深170m程度の魚映はどちらも映ります。 

同じ予算なら、魚探専用機で楽しみたい方はフルノ、

GPS機能も付けて複合機として使いたい方はホンデックスということかな?