2008釣果  トップへ

12月29日
今年最後の釣行
ちょっと遠出で マダラ マジマグロ メダイ マダイ
とリレー

今年も1年ありがとうございました
12月15日(月)
今日はリクエストでタチウオです。アンカー打っての掛かり釣りです。南向きの風の時はよかったのですが西の強風になってからは水深が一気に90m浅くなって終了。
ポイントを大きく移動しての深場では、5kgオーバーのマダラとカガミダイをゲット。
12月13日(土)
マダイ 
仕事前の数時間 海の様子を観察がてらチョこっと。 
12月8日(月)
マダラ マダイ フクラギ アマダイ とリレーでした。
家族のおかず分で充分すぎますが、町内に配る分は捕獲できませんでした。
12月4日(木)
ヤリイカ 朝のいっとき・・・
のりはいまいち
12月1日 定休日の月曜日 快晴 釣り日和
でも 出張で名古屋にいっていて 船には乗れませんでした
11月30日 雨 時々南の強風 乗船3名
10:00から納艇があった為、6:30〜8:30までの短時間勝負
風は時々突風ながら 向きは安定。
潮もまずまず・・
あとは良形が上がればいいのですが・・・

T氏 一人の釣果
T氏のブログ:http://goingmerry2006.blog64.fc2.com/
11月24日 曇り時々雨 時々突風 乗船4名
今日は最初から天気との勝負のつもりで、対象魚をしぼらず、出来るものを出来る時間でと マダラ、タチウオ、マダイ、ヤリイカ と準備は万端。出港時点では、おおいけるじゃん って感じでマダラ場へ・・・・5海里ほど走るとうねりが高く、250mの底を取れる状況ではない。!!  Uターンして マダイ場へ。
南西から南風に変わったところで、アンカー投入。しかし中越パルプの煙突と堀岡火力の煙突と四方火力の煙突の煙の向きが全部違っていたので、アンカーの打ち直しを覚悟。先が思いやられる。そのうちかなり大きなうねりを伴い東風になり、そのうち北向きに・・・アンカーも打ち直すものの・・・風が安定しない・!うねりの波頭も砕け始め、隣のK氏から「おお-、今のやばかったー」と独り言が聞こえ始めて走錨開始。
とりあえずお土産はゲットしたものの・・・・・
11月17日 曇り時々雨 時々 強風
どうしてもマダラが食べたくなって、マダラPへ。
食いが渋くべったり底にへばりついてる感じ。 おまけにうねりの高低差は2m以上。おき竿では食わせられず、手持ちでうねりにあわせて上に、下に、  ようやく小マダラゲット。 うれしい外道もあり。

左:鯛めしの上にさらにタイの塩焼き乗せ
右:マダラなべ(しらこは苦手なのでお隣さんにあげてます)
11月16日
どうしても真鯛が食べたいっていう二人を乗せて、真鯛ポイントへ。80m下では潮が激しく向きを代え、上では風がゆらりゆらりと向きを変え・・・・
潮の動き目になると入れ食いが始まり、潮が泊まると食いも止まり・・・ 一人2kgのオキアミ実弾が底を突き、結局9:30で予定終了

PS 昨日(11月15日)は同じ場所で4人で坊主が釣れました。真鯛は潮で決る?


11月13日
朝、漁師さんの艇に修理に行くと、船が無い!
電話すると昼過ぎには帰るからと言うことで、お昼までぽっかり時間が・・・・
オキアミを持ってお昼までぶらぶら時間潰し。
初ポイントばかり狙って、投下。
えーーー。まっじー。こんなとこで50cmクラスのマダイがー。
またまた まじーっ? こんなとこでガンド78cmがーーー。
この場所は墓場まで持っていこっと!

という 夢を秋晴れの日差しが気持ちのいい船中で見ていました。
11月7日
今日は納艇が2艇控えていたので、朝のほんの2時間ばかり海の様子を見てきました。

11月3日
今日は文化の日 釣り文化の構築のために、初マダラの2名とともに マダラ場へ。しかし 予報どおり南西の強風で 艇を止めれず白波の泡が魚探振動子の下に入って、魚探も不鮮明。結局 マダラは1本のみ
それならと アンカーを打って、船首から叩き込む波しぶきに快感を感じて、なんとかマダイゲット。帰りは大波の中、北島さぶちゃんのCDで大間の漁師の雰囲気を2名には味わっていただき帰航。途中、艇が沈んだという一報が入り急きょ、ダイバーを乗せてレスキュウー船へ変更。なかなかスリリングな休日でした。さすがに沈んだ艇の当事者には、めでたいイメージのマダイをあげる勇気はありませんでした。
11月1日
どうしてもフクラギが食べたい!
という思いで 小さい反応で1本 又1本と効率が悪い。あまり効率が悪いので、今日はシイラまで 持って帰る人が出てくる始末。(シイラって本当はおいしいんです。)

写真はイメージです
10月20日
舵場を離れた船長の巻:
どうしても船尾で釣りたいという方に操船場とともに釣り座を渡し、私は前代未聞の船首の釣り座で竿を2本・・・・・こんなんでつれるわけがと思いZZz 睡魔が・・・・zzzz・・
{ドラグがギー 気が付いたらマダラ9本 ポイント移動でイシモチ 2本 小マダイ6枚 カレイ4枚 フエダイ4枚 青物少々 終わってみれば 船首の釣り座は楽だし、釣果はまずまずだし 結果おーらい zzz・・}
という夢を見ていました。
 イシナギ:イメージ写真

イシナギのから揚げとおつゆ(イメージ)     イシナギは味が非常に淡白なので、思いっきり味付けをしたほうがおいしい。又、食感は、鶏肉や豚肉に近いので焼きそばの具に使ってみてもおいしそう。

10月18日
フクラギ 
ソナーには、反応充分ですが、足が速く、追いついては1本 又、追いかけて1本と効率が悪い日でした。
9:30終了
10月13日
フクラギ アオリイカには ほとんど相手にされず。

10月12日
フクラギ、アオリ おかず分だけ

イワシが船の真下について、フクラギ、メジに追われ
トランサムステップに逃げ込む始末。真下に付かれるとジグにもペンシルも効果なく むしろ まーい
移動すると、プロペラに巻き込まれたイワシを追って、フクラギが広範囲に散るときが、唯一 ペンシルが効果を発揮。移動しても最後まで船の真下から離れず、タモですくい放題。
10月9日
アオリイカと青物 今日のおかず分だけ
あとはリリース

10月7日
出港時間6:00のはずが・・・・諸事情により1時間遅れの7:00出港
10:00迄は新湊沖のナブラでフクラギ釣り。
船底に付いたイワシを2000匹ばかり タモですくって、1年分のイワシの餌を確保。入れ食いがいつまでも続きそうなナブラに別れを告げて移動。
10:00〜12:00 ポイント移動で岩瀬沖で、アマダイ少々
13:00〜
ポイント移動でアンカーを打って、掛かり釣り。
反応を探すのに1時間かかりましたが、マダイ、オオアジゲット。マダイは最大40cm程度でしたが、反応は充分。50cm弱のオオアジの外道も上がってまずまずの釣果。
本日の予定のマダラを狙う時間がなくなったのは少々残念。!


9月29日 
メーター級のシーラは1ラウンド1ファイトのみにして 本命マダラポイントへ。
マダラ6本と帰りにヤナギバチメ少々と偶然食ってきたメジも少々。
9月28日
メジマグロ

フクラギのジギングの予定でしたが、全くいなくて、シブコのみ。リリース多数で入れ食い
AM6:00-8:00
9月25日
大泊沖
ヤナギバチメ
9月17日
マダラ アイナメ
大泊沖

左:アイナメの甘酢漬け(タルタルソース)
右:マダラの頭の煮付け
9月1日
約1月ぶりの釣行。
柳バチメを狙ってたら、アーデンの石田船長から、シーラがわいていると情報が入って、急きょ シーラゲームへ。行ってみると確かにメータークラスが1000匹船の周りにうようよ・ 結局メバルはお土産だけ釣って、シーラゲームでへとへと・・・・
7月18日
ほんの短時間
お客さんの艇にて
雨晴マリーナ前にて

7月14日
給油忘れで燃油残量約30L
近場で2時間ばかりの釣行でした。
7月7日
七夕:3分100mの潮流 2枚潮なし
ラインの進入角度15度
狙いのタナまでの距離=*@#|÷#&ё$√3.142628
ということで
マダイ19枚
帰りにアジ少々
6月23日
アジ、キジハタ、オニカサゴ
岩瀬沖
6月9日
マダイ
フクラギ

前半全く潮動かず
5月26日
フクラギ
ガンドは混じらず
市振のマダイは2枚潮
吉原は潮、動かず。
帰りは2mの波の中、3時間かけて帰りました

5月18日
反応十分なアジの群れを、横目に一途、マダイふかせに。しかし撃沈。帰りに、お土産だけ釣って2時間の釣行は終了。

5月5日
入善にて。ジギング。2.5kgを筆頭に約50本
夜はお造りにしました。
5月1日
ほたるいか完全ふかせ?にて
さわら、さば
4月21日
オニカサゴ、鯖
鯖はシーバス沖で湧いていましたが小ぶりでりりース多数
オニは1.5kgを筆頭にキロオーバー含む4本
昼間は潮が動かず、食い渋り、夕刻から、潮が動き出したとたん、4本立て続けにヒット
4月16日
アーデン3号で出港しました。
メバルは寝起きの寝ぼけた状態で、食欲が無かったようです。
4月14日
カジカ、オニカサゴ、サワラ
サワラは海王丸前で湧いています。入れ食いです。
4月12日
通称 花見イカ
4月1日 オニ
3月23日
オニカサゴ
時間が無かったので1時間黒鯛ふかせで釣果0
帰りに、ちょこっと底物。2投でキロオーバー2本ゲットで8時にタイムアップ
3月15日
マイカ、さば、メバル
朝の一時、入れ食い状態
さばは小柄でリリース多数


3月6日
マイカ:船上で速干しして、保存食にしました。9日の東京ボートショーの車内のつまみです。

2月の寄り回りで内側に12mずれた伏木沖一文字提。自然の驚異に改めて驚かされました・
2月29日
マイカ カレイ
2月20日
マイカ 晩飯分だけ。
2月18日
オニ、キジハタ、カジカ
オニの毒針は背びれの前側12本と胸ひれの前1本と尻びれ(肛門のすぐ後ろ)の2本だけです。先端5mmくらいカットすればOKです。切りすぎると鬼の偉観が台無しになります。
右:鬼の刺身
左:キジハタの刺身
カサゴのチリソース添え
カジカの刺身
見た目はグロいですが、カサゴよりおいしいです。
2月16日
マイカ
2月12日
コズクラ、アイナメ
入善沖
この日はなんと高岡からO氏UF28、T氏UF27、Y氏(アグレッサー)、K氏FX29、T氏F230が同じポイントに。それに金剛丸が横をかすめて行きました。高岡から1時間余りの場所ですが、まるで高岡近海のような光景でした。T氏F230の3kgのガンドを筆頭にフクラギとも呼べないコズクラしか釣れませんでした。
2月10日
マダイ、メダイ
・・・・・・・・・・・・・・
晩のおかずだけ・・・・・・・・
・・・・・・・・・
2月9日
ヒラマサ
完全ふかせ

やっとかっと1本ゲット

ヒラマサの刺身とカマ焼きと酢飯。
酢飯と刺身を分けて皿盛りしておけば、刺身と酢飯と寿司と3種類の味が楽しめます。
(1ケ月前のヒラマサと比べて、パサパサしてて、油がのっていない。贅沢な話ですが少々がっかり。)




1月31日 サイパン外港
まひまひ メーターオーバー
カツオカツオ5kg〜10kg
釣行7名
うねり3m
7名中5名 ダウン
1月27日
マイカ、マダイ、メジ
イカもよくなく、マダイもよくなく、「ヒラマサ3本ゲット」情報が入ったので、移動してヒラマサ狙うも、無念のタイムオーバー。
道具が盗まれたため、人様からの借り物の、電動リールは使い勝手が違って、自分のペースがつかめず!
明日から1週間は南国でTシャツ、短パンで釣りしてきます。
1月22日
今日はヒラマサと思い船に乗ると・・・・・・・・・あれっ? ガラスが割れている?・・・・・・・
やられた!
ダイワスーパータナコンS500W と
ダイワスーパータナコンX500CPと
ダイワシーボーグZ500FT と
シマノ オシアジガー3000が2個
計5個 やられました。上記機種インターネットオークションに出たら、是非情報を・・・・・・
はあぁぁ・・・
これで釣りは当分できません。
1月20日
良型マダイ のみ
そろそろ 釣りは隠居しようかな・・・・
1月19日
雨晴マリーナに巨大マンボウがあがりました。初めて見たので、その大きさにびっくり。解体も大変です。長さ約2m、高さ1.5m推定重量800kg

マンボウの角煮
豚の角煮のマンボウバージョンです。
非常に味のない身なので、濃い味付けにしました。食感は、マイカと鳥肉の中間見たいな味です。
1月14日
マダイ、メダイ
200m隣では、ヒラマサ4本上げているのを横目に、マダイ狙いドンピシャリ。
後半、欲を出してヒラマサ狙うも、ヒットせず。
1月8日 曇り
マダイ
7:00〜10:00
本命マダイ狙いの本命でしたので、晩御飯には十分の釣果です。今日も「ジンクスの男」が乗船していましたので、ヒラマサ狙いはやめました。(ジンクスの男さん、冗談ですよ。今日は潮が悪いのでやめました。)
1月5日 曇り
マダイ、メダイ
ポイント移動してのヒラマサはヒットせず。
7:00〜14:00
1月4日 曇り
小マダイ のみ
今日は「ジンクスの男」が同乗しましたので、ジンクス通り、ヒラサマはヒットしませんでした。
1月3日 曇り
ヒラマサ、マダイ、アマダイ、フクラギ
7:00〜15:30 の長丁場。
時間が延びた分は釣果を上げねばと、何とか3本取り込み成功。
1月2日
ヒラマサ
今日も狙い通り。
7:00〜13:00の勝負。
せめて1時間に1本あがれば最高ですが・・・・
1月1日 雪
出港8:00
ヒラマサ、フクラギ
今年初ねらいはヒラマサ!
狙い通り、正月のつまみに最高でした。